近畿地方で観光を兼ねて合宿免許を取る

合宿免許は宿泊施設付きの自動車教習所で、短期間の内に安い費用で運転免許を取る方法です。


普通車免許でしたら早ければ2週間くらい、費用も20万円から30万円程度で取れます。

さて、合宿免許は自動車の教習が主になるのは当たり前ですが、途中の休日や教習所を卒業した後の観光も楽しみの1つです。
ここでは近畿地方の教習所について少しみてみましょう。

近畿と言えばまず京都でしょう。

ここには観光地や景勝地に近い教習所があります。



例えば天橋立に近い教習所では、路上教習中を景勝地で行うというメリットがありますし、空いた時間や卒業後に観光するのにも便利です。


一般に京都の合宿免許の宿泊施設はゴージャスで、食事も美味しいそうですから狙い目でしょう。

神戸のある兵庫県での合宿免許も中々魅力があります。



神戸の散策や近くの商業施設の利用がしやすいですし、宿泊施設も充実しているところが多いようです。


ほとんど旅行している感じで免許が取得できるでしょう。

伊勢神宮で有名な三重も神社などに興味のある人には見逃せないのではないでしょうか。ここでは路上教習で観光地を回れますし、自分自身で楽しむのも簡単にできます。このように観光等を目的とした場合には、地域から合宿免許を行なっている教習所を探すのも1つの方法でしょう。



インターネットでは地域別に教習所探しができるサイトがあります。訪ねてみたい観光地を基準に選びたい時には、このようなサイトを利用してみたらいかがでしょうか。