合宿免許費用の注意点

費用の安さで合宿免許を選ぶという人は多いことでしょう。


確かに、通学に比べると安い価格を設定をしている自動車学校が多いようです。


しかし、注意しなければならない点もあります。
合宿免許の費用は教習費のほかに、宿泊費や食費、交通費なども含まれています。
それにも関わらず、通学よりも安いことが多いので大変お得であることがわかります。
しかし、通学の場合はそもそも宿泊費の必要がありません。



また、交通費も上限があって、遠方になると一部自己負担が発生する可能性があります。


また、合宿期間は宿泊施設に缶詰状態だと息が詰まってしまうので、外出して普段よりもお金を使ってしまうことが多くなってしまう場合もあるようです。



そして、気を付けなければならないのは、宿泊施設によって費用に差があるということです。

たとえばホテル泊の場合、ホテルのランクによって通学よりも高くなってしまうことがあります。また、シングル利用にすると割り増しとなります。
この点はよく比較する必要があります。
さらに注意が必要なのは、延長保証についてです。



検定試験にパスしないともう一度教習を受けなければならなくなります。

その際の延長料金は保証されている場合と、保証されていない場合があります。


また、保証されていたとしても年齢制限があったり、保証の期間に上限がある場合が多いです。延長が発生すると、通学であれば教習費用と検定費用だけですみますが、合宿免許の場合は宿泊費用や食費がプラスされるので、見逃せないポイントなのです。