合宿免許と通学免許の違い

日本においては、自動車が毎日の生活に欠かせない乗物になっています。

通勤や通学などに使うだけでなく、ショッピングをしたり、通院をしたり、週末や休日のレジャーなどに使うことができるような便利な乗物なのです。

特に地方においては、自動車がないと生活が立ち行かなくなってしまうところもあるくらいなのです。



ですから、免許を取ることができる年齢になったら、免許証の取得を目指す人も多いのです。

18歳になると、運転免許証を取得できるようになります。
高校生卒業時くらいで取得するために自動車学校に通うことになる人も多いことでしょう。
そこで免許取得のプランとしては、大きくは通学免許と合宿免許の2つに分かれることを知っておくといいでしょう。


普通は自宅から通いながら空いた時間に予約を入れたりして実技や学科の勉強をしていく通学免許を選ぶ人が多いことでしょう。

日常生活を普通に送りながら免許を取得することを目指すことができるのです。
ただ、予約が入りにくかったりすることもありますし、スムーズに進まないこともあります。



費用としては30万円以上が相場であって、期間も早くても2ヶ月くらいはかかると見ておいたほうがいいでしょう。

それに対して合宿免許というのは、地方などの自動車学校で実施しているプランで、宿泊を伴うようになっていて、一定期間で集中して講習を受けるようになっているのです。

期間としては2週間程度であり、費用としても時期によっては通学の半分くらいになることもあるのです。

合宿免許は条件が合えばお得なのです。