合宿免許はAT車免許がおすすめ

合宿免許に限らず、自動車学校に入校する前には、AT車免許にするか、それともMT車免許にするかを決めなければなりません。
AT車免許と言うのは、オートマチック車にのみ乗ることができる自動車免許のことで、MT車免許はオートマチック及びマニュアルミッションの両方を乗ることができる自動車免許のことを言います。
現在、9割以上のクルマがAT車となっており、MT車を探すのが難しくなっています。また、AT車のほうが運転が圧倒的に簡単で楽というメリットがあります。

以前は、燃費が悪いとか、エンジンを高回転に回すことができない、車両価格が高い、変速ショックが大きいなどネガティブな面もありましたが、現在ではこれらのネガティブな部分はほぼ払しょくされています。



高回転まで回すようなエンジンは一部のスポーツカーに限られるので、それ以外のクルマだったら、実質上AT車で何の問題も感じないことでしょう。
また、合宿免許の費用の面でもAT車免許のほうが安くなっています。


それはAT車のほうが簡単なので教習時間が短くなっているからです。



MT車の場合、クラッチを踏んでギアをシフトアップさせながら、同時にハンドル操作やアクセル操作を行うというのは、慣れるまでにかなり時間がかかります。

坂道発進などの場合はずるずると後退してしまったり、エンストを起こしてしまったりなどが頻繁に起こり、これがプレッシャーとなってしまうことも少なくありません。



特にMT車を運転したいということでなければAT車免許で合宿免許を申し込むと良いでしょう。